スポンサーサイト

  • 2011.02.18 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


PRESTAT - Dark & Rich CACAO 70% -

        
サロン・デュ・ショコラ調達品2品目。は、PRESTAT(プレスタ)です。
相変わらず素敵すぎるパッケージ。 数年前、一人旅行でイギリスへ行った
際に、たまたま立寄ったロンドンのピカデリーサーカスにある本店に入った
ことがプレスタとの出会いだったのですが、あまりのパッケージの可愛さ、
POPなインテリアには完全にやられて衝撃を受けたショコラトリーであります。。
まだ何も知らない頃に、こんなに美味しくて、こんなにカワイイものが
あったのか!! と、カンゲキしたのをいまだによく覚えています。


    
                      

パッケージも然る事ながら、味も格別。ヨーロッパの老舗ならではの
品格ある深い味わいです。口の中でゆっくり溶かしながら味わうほどに、
落ち着いたカカオの風味、香りの余韻がいつまでも続くような。
       
いつも、上質のチョコレートを食べると私は、
まるで貴婦人になったような気分になってしまいます。笑 
後々知ったのですが、ダイアナ皇太子妃も大ファンだったそうで。。
まさしく、贅沢な究極の至福を味わうチョコレートです。

      
せっかくなので、当時ロンドンから持ち帰ったミントチョコの
空箱も一緒に。今見ても、素敵。

Silvio Bessone & MAJANI - イタリアチョコ2-


Silvio_Bessone

先日に引き続きイタリアのチョコです。
Silvio Bessone(シルヴィオ・ベッソーネ)の70%カカオを使用した
クネージシリーズ2種と伝統的なジャンドゥーヤの菓子、Nej(ネイ)です。
シルヴィオさんは、イタリアのパティシエコンクールで数々の賞を
受賞されている優秀なショコラティエさんだそうですが、何より
ヨーロピアンな香りが漂うステキなデザインにも惹かれます。!
 
                       Silvio_Bessone
 
クネージは、マロンフレーバーと、8年物のラムを使ったもの。どちらも
リキュールが力強く、ビターの風味に良く合う、香り高い逸品でした。
ハイカカオがかなり効いていて、ほろ苦く、キュッとくるリキュール感
が好みな方にはたまらない感じがします。。


               

続いて、2つ目はMAJANI(マイアーニ)のフィアット・クレミノ。こちらは、
イタリアでは老舗のショコラトリーのようですが、まず、何故にFIAT?と
言うところなのですが、昔、FIATが新車の宣伝にとマイアーニに頼んで
作ったクレミノがそのまま定番化したそうです。しかしながら、イタリアって
お菓子をブランドのノベルティーグッズとして使うのが多いかな?という気が
しました。確かBABBI(バビ)もそんなのやってたかな?と。

       
味はノワール、ミルク、エスプレッソと3種のフレーバー。クレミノは
同じくジャンドゥーヤを使ったイタリアでは定番の四角いチョコなのですが、
やわらかくて香りがよく、口溶けの良い逸品でした。

Hachez - マンゴー+チリ味のチョコレート -


hachez

Hachez(ハッチェス)のカカオ・アリバシリーズで新フレーバー(?)の、
マンゴー&チリ風味の77%カカオの板チョコをを見つけました。
一見、南米っぽい味の組合せなのですが、こちらはドイツのもの。
ここのシリーズはいつも斬新で珍しいフレーバーが多いので魅力的です。
わかってるなぁ〜!っていうか。私のツボを刺激します。

食べてみた感じ、マンゴーのフルーティーな甘い香りが、口の中に一気に広がり、
その後チリのスパイスがじわじわと猛烈に押し寄せてくるような。
これが思ったよりマイルドじゃなく、ピリピリして、結構思い切った辛さ
でした。

激辛カレーを食べた後に水を飲むようにHOTだったので、思わず、
甘いミルクチョコで口直ししてしまったほど。食べたあとも何かお腹の中で
燃えているような気がしました。(大袈裟?)

      hachez
甘さがスパイシーさを強めているのか、スパイスが甘さを強調しているのか。
とにかく、相乗効果のようなカンジです。強烈なインパクトのあるチョコでした。
次々と手がのびる感じのチョコでは無いですが、面白いです。

アリバカカオ*がベースになっていて、フルーティで爽やかな感じをより
引き立てているような気がしました。 因みに、アリバカカオは私がチョコに
夢中になるキッカケとなったフレーバーです。花のような、どこか不思議な
香りのするカカオなのです。


過去に投稿した関連記事*

HACHEZ - 77% COCOA D ARRIBA - 2006.06
HACHEZ - 77% Strawberry & Pepper - 2006.09
HACHEZ - 88% COCOA - 2007.11

EL CEIBO bolivia - CACAO Nibs & Uyuni Salt 77% -

     
    

前々からとても興味があった南米ボリビア発の究極のオーガニック
タブレット、エルセイボです。 一枚1500円となかなかの高級チョコ
なのですが、それもそのはず、チョコレート鑑定家として国際的に活動されて
いるクロエ・ドゥートレ・ルーセルさんがカカオ栽培協同組合エルセイボ
共同開発で作ったこだわりづくしの品なのだそうです。

クロエさんは今年のサロンデュショコラ東京にも来日されていて、
チョコの講座もされていました。その他チョコ本なるものも出版されていますが、
こちらは
チョコ好きで知られる脳科学者の茂木さん推奨!とのことなので、
私もはやく読んでみたいです!近いうちに購入予定☆

            
さて、今回私が選んだカカオニブ&ウユニソルト入りのカカオ77%の
タブレットですが、芳香なカカオニブのカリッとした食感がよく、ほのかな酸味
、ほどよくきいた塩味がアクセントになっていて、とても上質な味わいでした。

塩は素材の旨味を引き出すと言いますが、まさにチョコの旨味を引き立てて
いるというか。とにかく塩がポイントだったのですが、純度の高いウユニソルト
(クリスタルソルト)を使用とのことです。
 
さすが、チョコのプロが作った究極のチョコ。というか、、こだわるのは
カカオだけでなく、組合せに使う素材までも、もちろん厳選なのですね。
誰もが認める、美味しい究極のチョコ。という感じでしょうか。とにかく、
私にとっては至福の味わいでした。 入手困難でショップなどではあまり取り扱い
されているところが少ないのですが、何かの機会でまた出会いがあれば、
自分へのご褒美チョコとして、是非とも、買い♥ですね。

Al nassma - CACAO 70% -

             
              
前回調達したもののうちのひとつ、アラブのブランド、
Al nassma(アルナスマ)のカカオ70%のタブレットです。 
アラブという時点でもかなり珍しいのですが、それらしく、
ラクダのミルクを使って出来たチョコなのです。

実際、ラクダって聞くとあまり馴染みがないものだし、第一、
ラクダからミルクなんてとれたんだ!??って、そこからもう抵抗感が
正直ややあったりしたのですが、食べてみると、意外にも美味しい。
というか、疑ってる場合じゃなく寧ろ、格段に美味しいもの。
濃厚で程よい甘さ、スッキリしていてくせのない、上品な味わいでした。

香りもすごく良い香りで、美味しいチョコの法則(勝手に作りました)で、
封を開けるなり上質なカカオのよい香りがすぐに立ちこめてきました。

            
しかしながら、アラブだからとは言え、
なんでまたラクダなんだろう??と謎だったんですが、
どうやらキャメルミルクは牛乳に比べ、かなりの低脂質で、
ビタミン、カルシウムなどが多く含まれているとのことらしく。
とにかくヘルシーなのだそうです。。搾乳量が牛乳より圧倒的に
少ないそうなので希少価値が高いとのこと。
というわけで完全にもうこれは高級嗜好品の分類ですね。 

因みに、アナルスマブランドのチョコはアラブの皇室御用達、
そのほかドバイで有名な7ツ星ホテルや空港などでも販売されている
そうなので、アラブを代表とするブランドだったよう。。
知らなかった。 

今回はどんなものか??と思い、買ってみましたが、
なるほどなるほど。。とチョコマメ知識に入りました。
アラブに行ける機会は少なそうですが、、またいつか出会う日があれば。

Al nassma (アルナスマ)  http://al-nassma.com/

Anthon Berg - MANGO & Pinkgrape fruit CACAO72% -

                       
今日は、ちょっと新しい味の板チョコを見つけました。
デンマークの高級チョコメーカー、Anthon Berg(アンソンバーグ)の
マンゴー&ピンクグレープフルーツフレーバーの72%のタブレットです。
パッケージを見た瞬間に即買い!だったわけなのですが、期待を裏切らない
最高の味わいの逸品でした。なんと言ってもフルーツ使いがとっても上手。
しかも、マンゴーとピンクグレープフルーツだなんて。!もう、私にとっては
たまらないフレーバーであり、実に気の利いたナイスなセレクトです。

              
カカオニブのザックリとした食感と、マンゴーとグレープフルーツの
甘く爽やかな香りがとってもフレッシュで味わい深く、甘さもほどよく、
まさに◎。シトラスの香りに癒され、一度食べると止まらなくなって
しまうほどに魅惑の味が堪能できるショコラです。
あまりの美味しさに、私は2日で食べきってしまいました
改めて、72%のものはやっぱり美味しいなぁーとしみじみと実感。
さらに、メーカーのHPをのぞいてみたら、最初に斬新でモードな
オープニングムービーが飛び込んできたのですが、インパクトがあって、
思わず釘付けになってしまいました。

というわけで一気に気になる存在になってしまった、アンソンバーグ!
なのですが、こちらのメーカーはどうやら、リカーチョコが有名だそう。
今度見つけたら是非とも食べてみたいです。

Poulain - 1848 NOIR 76% -

            

今日はカカオ76%、プーランの板チョコです。
プーランのパッケージっていつからゴールドに?たしか、いつもは黒と赤
のイメージでした。リミテッドエディションか何か意味があるのでしょうか。
やたらこの、ゴールドパッケが気になってしまったので、書かれてる単語を
ひたすら辞書でひいてみたけれど、意味分からず。

唯一耳慣れた単語が右上に。- NOUVEAU DECOR -とあるので、
調べてみたところDECORは「装飾」NOUVEAUは「新しいもの」
やっぱり、パッケージが新しくなったということなのかな〜??と。?
一体なんなのでしょう?? これからはプーランのパッケージは金なので
しょうか? どーでも良いことなのですが。w  ... 今日は気になりました。
それはさておき。

                   


プーランは150年以上前からある老舗チョコメーカー。というのは言うまでも
なく、チョコに刻まれた1848が物語っていますね。 期待を裏切ることなく、
芳香で、とても口当たりが良く、長く香りの余韻が楽しめる一品です。
当然のことながら、フランスのチョコはやっぱり美味しい・・
特に、私の場合は一かけら食べただけでも頭の中が究極のリラックス状態に。
仕事の合間の気分転換には一番です...w  そんなプーランのチョコは今や
探せばどこだって手に入れられるし、値段もそこそこ。これこそお手軽チョコの
定番ですね。。。いつまでも受け継がれていく最高の逸品です★




     ↑ フランスのwebで見つけた古いプーランのパッケージの画像。レア~ですね★

GODIVA - 72%Dark chocobar & Marron Dark -

     godiva bar

またまたgodiva特集です。  久々にチョコバーを買ってみました。
いつの間にか''バトン''から''バー''に名前も意匠も変わってしまって。。
chocoistですって。 コンセプトは、“ちょっぴり贅沢な気分にさせてくれる、
良質なものを少しだけ食べたい” らしいです。  そのとおりに、
深いアロマと、上質な口どけ感といい、ひと口で究極のリラックスができる、
超本格ダークチョコレートを堪能できました。 
                           
たまには上質な70%ダークチョコを堪能したい。。
というオトナ&オトメ女子にはとっておきの
アイテムですね! 
そして、2009年オータムコレクションの
マロンダーク。こちらも季節の限定品。
というわけで、一緒にお買い上げw  
  marron
ころりんとしたマロンのカタチのシェルの中には、ラム酒がしっかりと
きいたマロンクリームが中にたっぷりと入っていて、一口でゴージャスな
モンブランを食べたかのようなとろける気分にさせてくれます。
まさに至福の味わい。一瞬で虜になってしまいました。。*
この秋の一番のお気に入りかもしれません。

THEOBROMA - CACAO 73% -




テオブロマの本店に行ってみたくなったので、自転車で坂をぶっ飛ばし、
富ケ谷まで行ってみることにしました。実は普段から地元大阪でも自転車人の
私なのですが、思いの外、坂道が多く東京の道路事情を思い知らされた日でも
ありました。。お店は想像していたよりもアットホームな感じのお店構えで、
入るとまず様々な種類のボンボンショコラがケースにズラり並んでいて、
テオブロマオリジナルのショコラショーや、製菓用チョコまであり、チョコレート
専門店ならではの品揃えでした。 早速購入したタブレットも試してみましたが、
口当たりもよく、とても丁寧な味わいでした。
 
                

TEOBROMA    http://www.theobroma.co.jp/

Venchi - Cubigusto Chocaviar -


   
キャビアのような細かいチョコに囲まれた一口サイズのチョコ、
ベンチのクボット・チョキャビアです。しっかりめの75%ビタータイプ
と、中にとろりとしたキャラメルクリームが入ったミルクのタイプの
2種です。  ベンチのビターチョコは他メーカーのものとは違う、
独特のこっくりとしたココアの風味が強くあり、甘さは断然控えめ。 
たま〜に無性に食べたくなってしまう味わいですが、・・。 

   


過去に投稿した関連記事*

Venchi - 2008.06
Venchi - CACAO 85% -2008.06
Venchi - CACAO 85% -2008.01

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM