スポンサーサイト

  • 2011.02.18 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


チョコバーガーCACAO - messori -



  
2011年一発目の更新は、イタリアのチョコメーカー、messori(メッソーリ)
のバーガーチョコです。どっかで見た事あるイデタチです。エブリバーガーって
確か昔あったような。今もあるのかな?どんな味だったのかは思い出せませんが。

    
とにかく分厚いクッキーをバンズ型のチョコでサンドしたもの。
中にクラッシュアーモンドが入っているのですが、結構どっしりと
食べ応えがあります。味はたけのこの里的な感じでしょうか。
まあ、想像のつく味です。カタチがカワイイということで買い!ですね。

それはそうと、遅ればせながら、明けましておめでとうございます。。
年が明けたということは、そろそろアノ時期。今年もやってきましたよ、
サロン・デュ・ショコラ2011。新宿伊勢丹にて1/26〜31まで6日間開催。
とのことで、なんと今年のテーマはわが国日本!!どんなチョコがお目見え
するのか、いつもよりも一層楽しみなわけなのですが。。
関西圏にお住まいの方は京都伊勢丹へGOです。開催期間は2/2〜14まで!
自分への極上のご褒美チョコを探し求めに行きましょうw

ツリーに飾るチョコ - X'mas ornament chocolat !! -

 

X'masツリーのオーナメントを見るのは、実は毎年恒例の楽しみの一つだったり
します。クリスマスよりも何よりも、私はツリーが大好き。ここ数年、
ショッピングモールなどでは、大振りのオーナメントが流行っているようですが。。
長細かったり、ドロップ型などいろいろあって楽しいです。



バービーツリーなどもあり。

私が見つけたのは、食べられるオーナメント。ドイツのものみたいですが、
クルミ割り人形、トナカイなどのホイルがカワイイです。
中は、空洞のチョコになっているのですが、子供が喜びそうな感じです。
プレゼントに結び付けたりしてもカワイイっぽいなぁ。。なんてそんなことを
考えながら全部食べてしまいました。!





イタリアチョコ - Caffarel -

 
   caffarel

Caffarel(カファレル)の缶入りチョコの素敵なプチギフトをいただきました。
カファレルと言えば、世界的にも有名なイタリアチョコですが、良質な
ヘーゼルナッツの美味しいチョコレートとしても知られています。
いろんなカタチのホイルチョコが特徴的なのもあり、今回のはかわいらしい
ボーイズ&ガールズにハートにお花、どんぐり、てんとう虫などが入って
おりました。包み紙の中身はミルクチョコ&ラテミルクに定番の、ヘーゼル
ナッツチョコの詰め合わせ。ナッツの香りがたまらなくて、変わらず、
美味しい至福のひと時を味わえるチョコ達でした。。改めて、ヘーゼルナッツの
香りって、香りだけでも脳の副交感神経を刺激されるような。そんな気がしました。
食べて、口の中いっぱいに広がる独特のナッツの甘い香りは、私にとって、
もはや究極のリラックスであります。

  caffarel

ゼブラのマシュマロ - ZEBRAS Marshmallow -

     
      

秋もようやく本番となり、月がキレイな秋の夜です。秋は何か新しいことを
始めたくなる季節でもあります!.. ひと雨降るごとに気温もどんどん寒く
なってきて、はやくも冬の気配。私は寒くなってくると、何故か無性に
マシュマロとアイスが食べたくなってしまうのですが、ココアに入れてみたり。
あたたかい飲み物と相性バッチリ◎なマシュマロ。そんなことで、今日は
前からちょっと気になっていたしましまのマシュマロを見つけたので、アップ
してみました。かなり甘いのですが、ふわふわのマシュマロとパリッとした
チョコのトッピングが絶妙で美味なマシュマロでした。

        

キャラメルムースのWerther's Original


       Werthers Original ヴェルタースオリジナル

今日は美味しいタフィーとしてはド定番の、ヴェルタースオリジナル。
しかも、今回調達したものはキャンディではなく、チョコレートなのです。
そしてキャラメルムース入り。どうやらこれ、新製品ぽい?のですが、
その他種類は3種類。全てクリーミィ系です。ソニプラにて発見。

改めてヴェルタースオリジナルって、ドイツの菓子だったのですねぇ。どこか
外国のモノだとは分かっていましたが。チョコともなれば、なおさら美味しさ
アップです。すーっと口の中で溶けていく感じが、美味しさが超特急で口の中を
かけ抜けるカンジです。ただ、キャンディのほうがキャラメルの風味をしっかりと
堪能できる感じがしましたが。パッケージの絵のとおり、中にキャラメルの
ムースが入っていて、それが甘いミルクチョコに包まれていて。すごい濃厚で
この上なくクリーミィなのですが、1粒食べたら止まらなくなるような味。
甘くてまろやかな味に癒されることはまちがいなしです。。
  
        Werthers Original ヴェルタースオリジナル

とうきびチョコ

 
明日からはとうとう9月。ムシムシと暑い日が続いておりますが、
すっかり気分だけは秋モードに。... そろそろ暑さも和らぐころ。
秋=チョコの季節っていうイメージが勝手に焼き付いているせいで、
ここのところ、なにか秋のチョコが早くも出ていたりしないかなぁ?と
探してしまいます。なかなかスシ屋のハシリのようには行かないもので、
どうやらチョコの品揃えが揃う本格的なシーズンはまだ来ていないようで
待ち遠しいばかり。
  

そんなことで、今日見つけたものは、これ。とうもろこしのチョコです。
パッケージの善しアシはさておき、 なんとなく買ってみたら、意外にも
結構美味しくて、おどろきでした。それらしく、北海道のメーカーの菓子
とのこと。 見た感じ、ただの乾燥コーンにしか見えないのですが、
フリーズドライしたコーンにホワイトチョコをしみこませたもの。
噛むとコーンクリームみたいな味で、甘さもひかえめでどんどんいけてしまう
感じ。チョコのようなコーンのような。やさいのおやつです。 
チョびっとしか入ってないので、もっとたくさん入ってたら良いのに〜。
と思いましたが。とにかく、新感覚のチョコでした。

       

マシュマロクリームのチョコ ~ SAMBA Kisses Bitter ~

   
 
      
今日は久しぶりにソニプラに行ったら収穫がありました。
デンマークのものですが、何故か名前はSAMBAという菓子なのです。
メーカーページを覗いてみると商品については泡のキス??という意味合いが
込められているようなコトが書かれておりましたが。。なにやら人気らしい? 
英語のページをむりやり日本語ページにしたため、さっぱり分からずでしたが。

      

店頭では「マシュマロームース入りのココナッツのお菓子」と説明書きされて
いたので、弾力のあるマシュマロを想像したのですが、食べてみて、マシュマロ
というより、ほわほわの甘いクリームが入ってる感じでした。
1コが手の平いっぱいにのるくらい大きいのですが、かぶりつくともの凄く
やわらかくて、とにかく甘くて。確かに、’’泡のキス’’というイメージが
ピッタリな気がする。ココナッツは香り付け程度に感じられましたが、
これはなかなか美味!

Kissチョコ

 HERSHEYS

ハーシーズのマーブルチョコを発見しました。
相変わらずの定番のスライム型。なのですが、マーブルチョコになることで
色もカタチもさらにスライム化したカンジです。

さて、。 梅雨まっただ中なのですが。。近頃は珍しくもチョコ欲が減退気味。
暑くなると、どうしても濃厚でクリーミーなものは避けたくなってしまうので
大好きなチョコでも、進まないものです。。なにか、夏らしい爽やかなチョコに
出会えればよいのですが。。

実は、明後日からインドへ旅立つ予定です。季節で言うと日本と同じ、
雨期真っ最中にあたるインドなのですが、これからのシーズン日中の最高気温は
40℃近くにまで達するそう。 遠足に持って行くお菓子を選ぶような気持ちで、
とにかく溶けにくそうなチョコを探してみたのですが。。そこでハーシーズを
発見したわけです。コレなら高温にも耐えられそうな気がします。

因みにインドではチョコレートは子供達にとって食べてみたいお菓子No.1
だとか。あげるととても喜ばれると聞きました。 
確かに、インド製のチョコって土産物以外聞いた事ないです。というか、
チョコ自体、売ってるのかな?!というところですが。探せばモダンなインドの
チョコもあるかもしれません。とにかく、暑い国に不向きなのは確かですね。・・
バグシーシッ!と言われて困ったときにはチョコをあげてみるのも良いかも
しれません。


過去に投稿した関連記事*
HERSHEY'S - SHELL TOPPING -  2007.06



d'ose - vincent van gogh -

     
      Dose フノーセ
結構前からあったようなので、既に知ってる人も多いかもしれませんが、
d'ose(フノーセ)というトルコのメーカーのアート缶入りのチョコです。
ここのメーカーっていつも缶がすごく凝ってるので目をひいて、
いつも買いたくなってしまいます。 ※ 前回のd'ose記事

今回のはシリーズになっているのか、他にもゴッホを中心に、
ダリやモナリザなどもあるみたいでした。でも、既にお店に残ってたのは
ゴッホのみ。できればモナリザかモネがあれば欲しかったなぁ!なんて。
絵のことなんて全然知らない私なのですが。

しかしながら、普段から缶がカワイイやら箱がカワイーだのと衝動買いを
繰り返していると、気が付けば部屋中チョコ缶だらけになってしまってることも
しばしば。ゲットしたものの、増える一方であんまり使い道が無いものです。

私はたまにアクセサリー作りもするので、空いたチョコ缶などは細かいビーズを
入れたりして使っています。 因に、今使っているビーズBOXのデカいのは、
GODIVAの2段の引出し付きのやつです。更に開けると各種揃っているので、
開けるたびとても美味しそうなビーズBOXになっていますw

             Dose フノーセ

さて、肝心の中のチョコはというと、
葉巻のような形のロールチョコ。薄くて軽い口当りの、普通に甘くて
美味しいビターミルクチョコでした。・・* 

Salon de Royal - Orange Peel -

   
とっても美味しいオレンジピールのチョコを頂きましたw チョコは、
サロン・ド・ロワイヤルというお菓子屋さんのもの。久々に味わう
ピールのチョコは、格別に美味しかったです。 オレンジの香りが
とても爽やかで、後味もすっきり。甘さも程よく、ほろ苦いビターな
口あたりが一度味わうとやめられなくなります! 紅茶と一緒に頂くと、
更に美味しかったので、まさにお茶請けにピッタリなお菓子。

サロン・ド・ロワイヤルさんは、知る人ぞ知る、関西で古くからある
老舗の洋菓子屋さんだそうなのですが、もともと通販専門?のチョコ
レート店だったらしく、最近(2010年)、阪急三番街に新店舗を出店。
とのことで、チョコを中心にしたお菓子が他にもいろいろあるようなので、
次回はお店のほうに是非行ってみたいと思います♪


      

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM