<< Salon de Royal - Orange Peel - | main | See's CANDIES >>

スポンサーサイト

  • 2011.02.18 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


CACAO SAMPAKA


    

東京丸の内 ブリックスクエアにある、スペインからやってきたショコラトリー、
CACAO SAMPAKA(カカオ・サンパカ)へ行ってきました。
昨年('09年)にオープンしたお店ですが、やっと来店することができました。
とても奇麗な街中に佇むお店でした。

スペイン語で板チョコは"ラジョラス"らしいです。 お店に入るなり、
珍しくて魅力的なフレーバーのラジョラスがケースにずらり。  
味の組み合わせがとても美味しそうなものばかりで一気にテンションが
上がりました。それに、思いの外いろいろと試食もさせてもらいました。

中でも初めてみたのはジントニック風味の板チョコ。
想像していたジントニックとはまたちょっと違ったけど、ほのかに香るライムが
爽やかで印象的でした。
   

 
                パッケージもチョコもすごくシンプル。

その他70%のビターチョコやベルガモット、ローズ、ペッパーなどがあって、
どれも魅力的だったのですが、やはり、今回はスパイス系が気になっていたので、
シナモン・クローブ風味の、ピミエンタ・ハマイカと、マダガスカルカカオ71%の
2枚をセレクトしてみました。

せっかくなのでおまけに珍しそうなチョコ菓子をもう一品。
ピンクペッパーをまるごとダークチョコでコーティングしたものです。
ガリッと噛むとピリッ!とかなりスパイシーなのに、どこかフルーティ。
なんとも香りが良いものでした。
でも、ついたくさん食べ過ぎると口の中がヒリヒリするほどに辛かったのですが、 
この芳香な感じがやみつきになってしまうような。早速、
お気に入りになってしまいました。

  
                      「ピミエンタ・ローズ」

シナモン・クローブ風味の、板チョコを割ってみると、カレーのルウを割った
ようなボキっとした感覚で、口当たりはちょっと粒感があり、
ゆっくり溶かしていくうちに、スパイスの姿が現れてくるような。 

       
ほんのりと上品に香るクローブ、ナツメグの香りは、やっぱりちょっと
カレーっぽいのですが、エキゾチックですごく個性的な味というか、、。
ミルクチョコとの組み合わせが意外にも絶妙でなんか、癖になりそうな。 
口の中がスパイスの香りでいっぱいになりました。
とにかく、今まで食べたことなかった味だったので、とても刺激的でした。
BONBONショコラも面白そうな味だったので、気になるところです。

スポンサーサイト

  • 2011.02.18 Friday
  • -
  • 13:46
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM