スポンサーサイト

  • 2011.02.18 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ゼブラのマシュマロ - ZEBRAS Marshmallow -

     
      

秋もようやく本番となり、月がキレイな秋の夜です。秋は何か新しいことを
始めたくなる季節でもあります!.. ひと雨降るごとに気温もどんどん寒く
なってきて、はやくも冬の気配。私は寒くなってくると、何故か無性に
マシュマロとアイスが食べたくなってしまうのですが、ココアに入れてみたり。
あたたかい飲み物と相性バッチリ◎なマシュマロ。そんなことで、今日は
前からちょっと気になっていたしましまのマシュマロを見つけたので、アップ
してみました。かなり甘いのですが、ふわふわのマシュマロとパリッとした
チョコのトッピングが絶妙で美味なマシュマロでした。

        

キャラメルムースのWerther's Original


       Werthers Original ヴェルタースオリジナル

今日は美味しいタフィーとしてはド定番の、ヴェルタースオリジナル。
しかも、今回調達したものはキャンディではなく、チョコレートなのです。
そしてキャラメルムース入り。どうやらこれ、新製品ぽい?のですが、
その他種類は3種類。全てクリーミィ系です。ソニプラにて発見。

改めてヴェルタースオリジナルって、ドイツの菓子だったのですねぇ。どこか
外国のモノだとは分かっていましたが。チョコともなれば、なおさら美味しさ
アップです。すーっと口の中で溶けていく感じが、美味しさが超特急で口の中を
かけ抜けるカンジです。ただ、キャンディのほうがキャラメルの風味をしっかりと
堪能できる感じがしましたが。パッケージの絵のとおり、中にキャラメルの
ムースが入っていて、それが甘いミルクチョコに包まれていて。すごい濃厚で
この上なくクリーミィなのですが、1粒食べたら止まらなくなるような味。
甘くてまろやかな味に癒されることはまちがいなしです。。
  
        Werthers Original ヴェルタースオリジナル

Broken マロングラッセ


     

栗が食べたくなってきたところで、大好物のマロングラッセを見つけたので、
早速試してみました。名前のとおり、こわれたマロングラッセなのですが、
もともと、製造過程で形がこわれてしまったものを商品化したものだそうです。
いかにも美味しそうな栗が入っていそうな、ゴールドのパッケージがお店では
しっかり目を引いておりました。

絶妙な甘さで、栗の美味しさをグッと、閉じ込めたような。
ほのかなリキュールの香りが満足感たっぷりで、贅沢なマロンの味わいでした。
改めて、やっぱりマロングラッセはおいしい。。と再確認。 
そのまま食べるのが一番なのですが、ホットケーキに入れたり、
アイスにかけてみたり。いろんな食べ方を楽しめる品でもあります。
ゴロンと一粒に大きなマロングラッセもゴージャスで良いのですが、
ほどよく砕けたマロンも、なかなかいい具合でした★ ちなみに、
ほうじ茶と頂きましたが、これがまたオイシイ。
絶妙な組合せでもありました。

         

レモンクリームクッキー



           DARE Lemon

やっと 夜の風が心地よくなってきました。。 とはいっても、
日中はまだ暑いので、外へ出ると怯んでしまいますが。 心無しか、
日も短くなってきて、秋本番の気配が日に日に強くなってきている
感じです。季節の変わり目は、いつもワクワクするばかり。

久々にガッツリと甘いクッキーが食べたくなったので、今日はたまたま
見つけた、Dare(デア)というカナダのメーカーのレモンクリーム入りの
クッキーにしてみました。 決して秋らしいモノでもないのですが、
基本的に柑橘系のフレーバーが大好きなので、レモン味なんかには特に
やられてしまいます。それより何よりパッケージの鳥がカワユイ。
こんな鳥が飼えたらいいのにな... と、実は最近よく思ってみたりするのですが。
いろんな方面から購買意欲を掻き立てられるパッケージでありました。

甘いのはもちろん、爽やかなレモンの後味にしっかり満たされる、
満足感タップリな逸品でした。アールグレイの紅茶と頂くとまた更に◎。
 
            DARE  Lemon

とうきびチョコ

 
明日からはとうとう9月。ムシムシと暑い日が続いておりますが、
すっかり気分だけは秋モードに。... そろそろ暑さも和らぐころ。
秋=チョコの季節っていうイメージが勝手に焼き付いているせいで、
ここのところ、なにか秋のチョコが早くも出ていたりしないかなぁ?と
探してしまいます。なかなかスシ屋のハシリのようには行かないもので、
どうやらチョコの品揃えが揃う本格的なシーズンはまだ来ていないようで
待ち遠しいばかり。
  

そんなことで、今日見つけたものは、これ。とうもろこしのチョコです。
パッケージの善しアシはさておき、 なんとなく買ってみたら、意外にも
結構美味しくて、おどろきでした。それらしく、北海道のメーカーの菓子
とのこと。 見た感じ、ただの乾燥コーンにしか見えないのですが、
フリーズドライしたコーンにホワイトチョコをしみこませたもの。
噛むとコーンクリームみたいな味で、甘さもひかえめでどんどんいけてしまう
感じ。チョコのようなコーンのような。やさいのおやつです。 
チョびっとしか入ってないので、もっとたくさん入ってたら良いのに〜。
と思いましたが。とにかく、新感覚のチョコでした。

       

マシュマロクリームのチョコ ~ SAMBA Kisses Bitter ~

   
 
      
今日は久しぶりにソニプラに行ったら収穫がありました。
デンマークのものですが、何故か名前はSAMBAという菓子なのです。
メーカーページを覗いてみると商品については泡のキス??という意味合いが
込められているようなコトが書かれておりましたが。。なにやら人気らしい? 
英語のページをむりやり日本語ページにしたため、さっぱり分からずでしたが。

      

店頭では「マシュマロームース入りのココナッツのお菓子」と説明書きされて
いたので、弾力のあるマシュマロを想像したのですが、食べてみて、マシュマロ
というより、ほわほわの甘いクリームが入ってる感じでした。
1コが手の平いっぱいにのるくらい大きいのですが、かぶりつくともの凄く
やわらかくて、とにかく甘くて。確かに、’’泡のキス’’というイメージが
ピッタリな気がする。ココナッツは香り付け程度に感じられましたが、
これはなかなか美味!

インド土産のチョコ その2

          
       chokola
インドネタ、まだまだひっぱってしまっておりますが、最後にもう一つだけ、
載せておきます!ニューデリーにある「Choko-la」という本格ショコラトリー
&カフェのチョコです。オープンしたてのインディガラ・ガンジー国際空港の
ニューゲートにて偶然お店を発見したので、そこでナッツのビターチョコと
ビタータブレットを購入してみました。
        chokola03
色々と味見をさせてもらったのですが、種類もそこそこあって、
食べてみた感じ、インドにしてはかなり本気なチョコな感じがしました。
香りもよくて、なかなか美味しい。というか、かなり本格的かも??と
思ったのですが、どうやらチョコ自体はインドメイドでは無いとの事。チョコは
ベルギーから輸入しているらしいので、どうりで美味しいわけだ。...
値段設定も、板チョコ一枚500〜700円と、日本で買うのとあまり変わらない
価格で、インドで買うとやたらと高く感じました。きっと、インドのセレブ達の
為の食べ物なのでしょうか。
  chokola02

インドのチョコレート事情

 一ヶ月ぶりの更新となりました。その間、インドへ行ってきたのですが
行ったついでに、せっかくなのでチョコ事情もちょっとばかり覗いてきました。
灼熱の国インドにチョコなんて売ってるのかな???とずっと思ってたけれど、
想像とは違って、むしろ菓子屋にはあらゆる種類のチョコが並び、
噂どおりチョコが一番人気のようでした。TVで流れるCMはチョコばかり。
私が日本から持って行った、いくつかのチョコは現地に着いて数時間で
全滅してしまいましたが。。

        
                         無惨なカタチに。。

インドでは食べきりサイズの小さなミニバータイプが豊富で、溶けにくい
からなのか、中身がウエハースのようなものがほとんどでした。

        

大きな商店に行けば板チョコもありましたが、それはやっぱりちゃんと冷蔵庫に。
買って、ウチへ持って帰るまでに溶けちゃうんじゃないの??って思いましたが。
それは暑い季節なら日本も同じですね。

        

チョコレートドリンクなんかもありました。特に珍しかったのはバウンティー
(ココナッツの美味しい私の大好物のチョコ)のドリンクタイプ。もしかしたら
新商品なのかもしれせんが。チョコを飲んでしまえば手っ取り早いですもんね。

        

現地人にオススメしてもらったものやら、いろいろ試してみましたが
大抵がミルクチョコ(メーカーはキャドバリーかネッスルが殆ど)で、
ワタシ好みなビターなどは全く見かけませんでした。

後半に入ったラダック(インドの最北端)では、 乾燥していて気温も低い
気候のせいか、チョコが本当に美味しく感じられました。それに、何しろ
物価が安い。ミニバーは一本10円〜50円で買えてしまうので、毎日いろんな
商店に行っては大量に買い込み、種類も豊富なので片っ端から食べ尽くし、
まさにチョコの食べ放題。食欲が無い時は本当にチョコに助けられました

   
                    インドで毎日買い込んだミニバー達

そんなことでインドでもチョコを存分に楽しむことが出来ました★

Kissチョコ

 HERSHEYS

ハーシーズのマーブルチョコを発見しました。
相変わらずの定番のスライム型。なのですが、マーブルチョコになることで
色もカタチもさらにスライム化したカンジです。

さて、。 梅雨まっただ中なのですが。。近頃は珍しくもチョコ欲が減退気味。
暑くなると、どうしても濃厚でクリーミーなものは避けたくなってしまうので
大好きなチョコでも、進まないものです。。なにか、夏らしい爽やかなチョコに
出会えればよいのですが。。

実は、明後日からインドへ旅立つ予定です。季節で言うと日本と同じ、
雨期真っ最中にあたるインドなのですが、これからのシーズン日中の最高気温は
40℃近くにまで達するそう。 遠足に持って行くお菓子を選ぶような気持ちで、
とにかく溶けにくそうなチョコを探してみたのですが。。そこでハーシーズを
発見したわけです。コレなら高温にも耐えられそうな気がします。

因みにインドではチョコレートは子供達にとって食べてみたいお菓子No.1
だとか。あげるととても喜ばれると聞きました。 
確かに、インド製のチョコって土産物以外聞いた事ないです。というか、
チョコ自体、売ってるのかな?!というところですが。探せばモダンなインドの
チョコもあるかもしれません。とにかく、暑い国に不向きなのは確かですね。・・
バグシーシッ!と言われて困ったときにはチョコをあげてみるのも良いかも
しれません。


過去に投稿した関連記事*
HERSHEY'S - SHELL TOPPING -  2007.06



Hachez - マンゴー+チリ味のチョコレート -


hachez

Hachez(ハッチェス)のカカオ・アリバシリーズで新フレーバー(?)の、
マンゴー&チリ風味の77%カカオの板チョコをを見つけました。
一見、南米っぽい味の組合せなのですが、こちらはドイツのもの。
ここのシリーズはいつも斬新で珍しいフレーバーが多いので魅力的です。
わかってるなぁ〜!っていうか。私のツボを刺激します。

食べてみた感じ、マンゴーのフルーティーな甘い香りが、口の中に一気に広がり、
その後チリのスパイスがじわじわと猛烈に押し寄せてくるような。
これが思ったよりマイルドじゃなく、ピリピリして、結構思い切った辛さ
でした。

激辛カレーを食べた後に水を飲むようにHOTだったので、思わず、
甘いミルクチョコで口直ししてしまったほど。食べたあとも何かお腹の中で
燃えているような気がしました。(大袈裟?)

      hachez
甘さがスパイシーさを強めているのか、スパイスが甘さを強調しているのか。
とにかく、相乗効果のようなカンジです。強烈なインパクトのあるチョコでした。
次々と手がのびる感じのチョコでは無いですが、面白いです。

アリバカカオ*がベースになっていて、フルーティで爽やかな感じをより
引き立てているような気がしました。 因みに、アリバカカオは私がチョコに
夢中になるキッカケとなったフレーバーです。花のような、どこか不思議な
香りのするカカオなのです。


過去に投稿した関連記事*

HACHEZ - 77% COCOA D ARRIBA - 2006.06
HACHEZ - 77% Strawberry & Pepper - 2006.09
HACHEZ - 88% COCOA - 2007.11

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM