スポンサーサイト

  • 2011.02.18 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


Meiji - Rich Strawberry 77% -


 

普段からイチゴ味というものには何故か不信に思っていて、あまり
惹かれないほうなのですが、本物使用感(香料ではなく)が溢れるこちら
の品はちょっと気になってしまいました。明治のセレクテッドシリーズ
のリッチストロベリー。いつもはカカオが77%といった具合ですが、
イチゴが77%というのは初です。こちらはやはり今だけの季節限定品
なのでしょうか?とにかく、見つけた瞬間に飛びついてしまいました。
 味はパッケージ同様、フレッシュなイチゴがぎっしりと詰めこまれた感じで、酸味と甘さのバランスがパーフェクト。。お疲れモードで、すっぱいものが食べたくなった時にもオススメです。イチゴが美味しい季節です。*

明治ミルクチョコレートサイト
http://www.meiji.co.jp/sweets/chocolate

Lindt - CHILLI -



少し空気が乾燥して、冷たい風を感じると
猛烈にチョコレートが美味しくなってくるも
のです。そんな訳で近頃チョコは断然、
思いきり、かじりたい気分です。どうせなら
究極の板チョコをかじりたいッ!と思ったの
で、会社帰りにショコラティエNAKATANIへ
即ダッシュ。間に合った!!と思ったら今日
は定休日。トホホ。。とドアの前で残念な気
持ちに落ちたのも束の間で、とりあえず気持
ちは収まらないので、今日はスーパーチョコ
で我慢するか。。と方向を変え、いつもの輸
入菓子が豊富なスーパーへ。するとそこで前
から探していた噂のリンツの新作、チリ☆
ゲット出来することが出来たのです。 夏場
はひっそり奥へと追いやられていたチョコレ
ートコーナーは正面入り口へと移動されてい
て、品揃えもしっかりと充実。ああ、やっと
チョコレートの季節が来たんだな♪とウキウ
キ気分で早速タブレットをしっかりと調達し
ちゃいました!

        
さっそく試してみたチリは、想像していたとおり、かじった瞬間に、
ジワりとほんのり効いてくるスパイスが、実にエキゾチックで大好き
な味。甘さとバランス良く調和していて、すごく口当たりが良くて
まろやか。こんなに上品にスパイスを使うのはやはりリンツならでは
でしょうか。しかしながらカカオとチリ。実はこの組合せが一番の王
道だったんですよね、大昔は。現代の私達にとってはとても刺激的です。
温めた牛乳に溶かしてショコラショーにしても美味しいと、
箱の裏面にはレシピも掲載されていました。でも、今はかじりたい気分
なのですよね!

web > www.LINDT. JP

Fazer - SALMIAKKI -


 

久しぶりのご対面でもある、この黒い物体。。。
とはいえ、今日のは液体となって、甘いミルクチョコレートに
包まれている。フィンランドではサルミアッキと呼ばれているそう
ですが、昔初めてヨーロッパを旅行したとき、何も知らなかった頃、
量り売りのキャンディ屋さんでグミや、キャンディ、チョコレートなど
様々な形になって美しくビン詰めされているソレを見て、
興味深々にあらゆる種類をたんまりと購入し、あとで食べて、
泣きそうになった覚えのある、あの独特の風味を持つ菓子です。

リコリスという薬草を使った真っ黒の色をした菓子は、
ヨーロッパではポピュラーな食べ物らしいですが、日本人の
味覚にはやっぱりどうしても馴染めないものがあるんですねぇ。。
中にはそれを好む人もいるかもしれませんが。 
私も薬草系はアルコールや、ボンボンショコラなら大好き。そう、
うまく加工さえされていれば何も問題は無いのです。 
ただ、見た目とそのものだけは、勘弁してください。
と言ったところです。

そんなトラウマだらけのサルミアッキですが、今日はフィンランド
帰りのお友達からお土産に頂いたので、早速 恐る恐る封をあけ、
久々の再会をしてみることにしました。んが、袋を開けたときから
例のあのニオイが、、(アンモニア臭!?)
割って、欠片を一口放り込む。 噛んだ瞬間アレが口のなかに
じわじわと溶け込んでくる。、 でも 意外にも食べやすい。
でもよーくよ〜く、舌で味わうと ほんのりコーヒーのような酸味。
相変わらず形容できない風味。 はみがき粉?ケシゴム? 
わかりません。
      

でも、このFazer(フィンランドではかなり有名なメーカーらしい)
のは分厚いミルクチョコで包み込まれているので、甘さでかなり
中和され、まろやかになっていました。 しかし決して好きには
なれません。まだ8割以上残っているけど、
食べきる頃には克服できるかも? 

Christopher Norman Chocolates



  


今日はとっておきのショコラをご紹介します。
ショコラティエ兼アーティストとして活躍するジョン・ダウンさんの
ペイントショコラです。チョコレートに直接絵が描かれた、
まさに 食べられるアート。そのジョン・ダウンさんのお店、
「クリスファー・ノーマン」は斬新で、芸術的なショコラを作るお店として
NYでは有名だそうです。 きっとまたセレブ好みなお店なんでしょうね〜;

実はこれ、食べるのがもったいなくって、冷蔵庫にずっとしまってたもの
ですが、開けてみると案の定すっかり賞味期限が切れてしまっていて。。残念。!
なんせバレンタインのシーズンに買ったものです。
チョコレートだから問題ないかと思っていたのですが++
            

芸術とか正直、あんまりよく分かっていない私なんですが、
何か不思議な魅力を感じさせられる作品でした。今回私が調達したものは、
''RED WEDGE''〜現実と偶像のミステリーというテーマの作品だそうです。
確かによく見るとスピリチュアルな模様。。。 なんちゃって。

割ってもそのひとかけらが美しい。なんちゃって。
ちょっとアートに触れた気分にさせられました。でも本当に奇麗で*

プレゼントなんかに最適だろうなぁと思いました。
さすがに美味しくは味わえませんでしたが、
(ちなみに絵は食べられる紙のようなもので出来ていました。)
非常に新しい感覚のチョコレートで、なかなか楽しめました。
またどこかで出会えたら作品として見て見たいと思います☆


  

www.christophernormanchocolates.com

Pierre marcolini - PALET FINS -



新年、明けましておめでとうございます! 年末あたりから
なかなかタイミングが合わず 更新が遅くなってしまい、
誠に申し訳ありませんでした。。。

今年もできるだけ多くの美味なショコラ達を更新していきます
ので、チョコレート好きな皆さん、お友達の皆、お楽しみに*
&今年もどうぞヨロシクお願いします。

さて, 年明けの初更新は前回にひき続き、ピエールマルコリーニの
パレファンです。 デリケートなパレファンは毎年 冬期のみの
限定発売の品なのですが、今までは無かった8枚入りのタイプも
登場したようです。 

女性がもっとも美しくショコラを食べられるようにマルコリーニ氏が
考えて作ったパレファンだそうですが、一見、単なる板チョコレートの
ようにも見えます。 わずか4ミリという薄さの中にプラリネやクリーム、
ガナッシュが入っており キャラメルや蜂蜜などのフレーバーで、
口溶けが良いのは勿論の事、どれも最高の風味です。
また食べたいと思いましたが、今度食べられるのは、
また次の秋あたりになりそうです。。

パレファンはオンラインショップでも もちろん発売
されておりますが、配送するとかなり割高になってしまうので、
お店で直接買うほうがオススメです。 
それはそうと、そろそろシーズン到来ですねぇ。。
製菓用のチョコレートの買い出しに行かなければと思う日々です。

そして残念な事が一つ。今年は楽しみにしていたチョコレートの、
ご恒例の大大お祭り、'' サロンドショコラ’’にどうも行けそうに
ないのです。。 今月24日スタートで5日間、29日まで
新宿の伊勢丹で行われるそう。行きたいなぁ。。

CORNE Port Royal from Belgian


CORNE

今日は本場ベルギーからのお土産です。 CORNE Port Royal
というメーカーのもので、先日ベルギーに行ってきたお友達から
頂きました。  はー、、、。私もはやく行きたいです。

ベルギー紀行は本では隈無く読んでいたものの、実際に行って
きたお友達の話を聞くと気持ちを更に掻立てられました。本当に
いつになったら私も行けるのか。。憧れのチョコレート紀行まで
はまだもう少し先のようです。 

そんな事を考えながら頂いたチョコレートを一片かじってみると、
美味しー・・すっかりビターの口に馴染んでしまっていたここ最近
の私の舌には、久しぶりに覚える独特の甘いミルクの味でした。
ヘーゼルナッツ、ペカンナッツ、ピスタチオ、クルミ、アーモンド
とあらゆるナッツが鮮やかに散りばめられ、目にも美味しく、
大満足な一枚でした。 Tさんありがとう★

チョコレートを食べると恋をしているような気分になると
良く言われますが、今日はそれを初めて実感したようにも
思えました。近頃はあまり買わなくなってしまったミルク
チョコですが、ビターの深いアロマとはまた違った
リラックス効果がある事に改めて気付いたので、たまには
まったりとした甘い気分に浸るのもよいかもしれません。。


カカオ分… 29 %
原産国…… ベルギー
原材料名… 砂糖 , 全粉乳 , ウォール
     ヘーゼルナッツ , カカオバター ,
     ピスタチオ , レーズン ,
     レシチン(大豆由来) , バニラ
内容量, 熱量 <125g> ? kcal
トータル評価 ★★★★★

Rococo - Dark, Orange Geranium -


 

秋の夜長は最高に良い香りの濃厚なショコラを、、。
なーんて、こっぱずかしい事を言いたくなるような
近頃ですが、。本当にチョコが美味しすぎる季節が
ついに来てしまいました。 しかしながら、時期的
には過ごしやすい反面 冬に向けて、おそらく 体が
一番栄養を蓄えやすい時なので、要注意でもある
のが厳しいところ。。

そんな中 味わうチョコレートが増え続ける一方の私
ですが、。次々と登場する美味しいチョコの存在を
知ってしまったら、もう止められせん。



さて, 本日のショコラは Rococo chocolates 。知る人
ぞ知るというイギリスの有名なショコラらしいのですが
私は初めて拝見しました。先日 ふらりと行ってみた梅田
阪急の英国展の催しでブースが出ていたので、そこで
たまたま発見→即買い。

オレンジゼラニウムというフレーバーが想像出来ず
選んでみたのですが、食べてみた感じ オランジェ*
のようです。 それもそのはず、砂糖漬けにした、
しっとりとしたやわらかいオレンジピールのクラッシュ
が入っていました。 

オレンジゼラニウムは甘いオレンジの香りがするハーブ
で、てっきりそれを使った香り付をしているのかと思い
きや どうやらそのイメージを表現したよう。 柑橘系の
爽やかで控えめな甘さを純粋に楽しむ事の出来る、とっ
ても上品な味わいの品でした。パッケージもブリティッシュ
な感じで、シックなのに可愛いらしい感じが好きです。

カカオ分… ? % ( Dark )
原産国…… イギリス
原材料名… カカオマス, 砂糖 , 砂糖漬けオレンジ,
      カカオバター , 減脂カカオパウダー ,
      レシチン(大豆由来) , 香料
内容量, 熱量 <70g> ? kcal
トータル評価 ★★★★☆

STELLA - GINGER Chocolat -








珍しい和柄が新鮮な本日のチョコはスイスのSTELLA(ステラ)
というメーカーのものです。前回に引き続き、近頃気になる
スパイス系のタブレットですが、今回はジンジャー味。

食べてみた感じ、ミルクチョコが主流のスイスだけあって、
マイルドな味わい。 砂糖漬けにした甘いジンジャーが
全体に散りばめてあり、ベースのミルクの甘さが更に増すよ
うな感じでした。ジンジャーのスパイスがゆるやかに利いて
くる感じが◎。 一枚食べ終わる頃にはすっかりやみつきに。
あまり飲んだことはないのですが、ひやしあめ?がチョコに
なったような感じだと思います。

パッケージが和風なのが少し分かる気がしてきました。
気分転換したいときにお勧めです!





 カカオ分… 41.8%
 原産国…… スイス
 原材料名… カカオリカー, 砂糖
       カカオバター, 生姜
       全脂粉乳, 大豆
       レシチン, 香料
 内容量, 熱量 <100g> 500 kcal
 トータル評価 ★★★☆☆

WEINRICH Schokolade - GOLDEN NUTS -



豪快にヘーゼルナッツが入った今回のチョコは、前回に引き続き
ドイツ産のタブレット。久々に甘いミルクチョコを食べました。
たまにはこういうのも美味しいものです。

ゴロゴロとナッツがまるごと入っているので、食べごたえは充分。
と、思いきや食べてみるとそんなにナッツタップリ感は感じられ
ませんでした。ナッツが小さくてやわらかいので、歯ごたえは
そんなになく、半分くらいは簡単に食べてしまえるほど。ですが、
ナッツ好きな人に是非お薦めしたいです。ドイツというより、
アメリカンな感じですが。。



カカオ分‥…30%
原産国 ‥…ドイツ
原材料名‥…砂糖、ヘーゼルナッツ、
      カカオバター、脱脂粉乳、
      カカオマス、バター
トータル評価 ★★★☆☆  

Choco-Lina - Aloe Vera -



本日はChoco-Linaというオーストリア産のメーカーの
アロエ入りシープミルクチョコレートです。

名前のとおり、羊のミルクを使ったチョコレートで、
食べてみた感想は、やはりクセがなくとてもまろやか。
ものすごく甘かったですが。。。

中にはドライフルーツにしたアロエを細かくカット
したものが入っていて、アロエの酸味がほんのりと
さわやかに感じられる素朴な味わいのチョコレートでした。



今回実は味よりもロゴの可愛さに心を奪われました。
羊がいっぱい出てくるウェブサイトは必見。
HP >> Choco-Lina



原産国 ‥‥‥ オーストリア
原材料名 ‥‥ 甘藷糖、ココアバター、全粉乳(羊乳)、
       アロエ、カカオマス、バニラビーンズ
トータル評価 ★★☆☆☆

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM