スポンサーサイト

  • 2011.02.18 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


Mary's - リュンヌドゥース -



                  
 
新製品を次々に打ち出す勢いのあるメリーチョコレートカムパニーから
「リュンヌドゥース」というカラフルなパレチョコが出ているのを
発見しました。 味はソーダ味、ストロベリー味、72%ビターの3種を
チョイスしてみたのですが、その他にもバナナやマンゴー、メロンなども
ありました。

新製品らしく、チョコの詳細やらがいろいろ知りたかったので、
店員さんにカタログかしおりのようなものを催促してみたところ、
無いとのこと。 Webにも一切掲載していないようなので、どうやら
こちら店頭でしか発見できない品なのかなと。1コ(8枚)200円前後
という価格にも驚きです。メリーチョコならでは??!

     

つるっとしたうすいカタチが口のなかでうまくフィットして
スーッと溶ける感覚はついつい食べ過ぎてしまいそうになります。
ソーダ味は甘くて、なにやら不思議な味でした。 
72%のビターは口溶けよく、なかなか◎。

パッケージはいたってシンプルで、あくまでも中のチョコが主役!
というかんじですね。今回は完全に見た目で選んでみたのですが、
とりあえず今日は不思議な色のソーダ味に惹き付けられたのでした。。。                       

BEL AMER - Mandian -


      
   
どこからかじろうかと迷わせる、色鮮やかで魅力的なマンディアン。
目にも美味しく、更にかじればいろんな味で楽しませてくれる、
大好きなとっておきショコラです。。 相変わらず、チョコレートに
癒されてばかりの毎日です。。一体、何故こんなに美味しいのでしょう?

さて, 新しく改装された阪急にニューオープンしていたBEL AMERにて
今日の品は見つけました。 東京ではいくつもお店があるBEL AMER
なのですが、つい大阪にもやってきてくれたのですね。。嬉しいばかり
です!★ というわけで、早速、マンディアン、パレなどいろいろ買って
みました。 一番最初のフォトのは、ベースはビターなのですが、
くるみ、アーモンド、カカオニブ、オレンジピール、クランベリーなど
いろんな具が乗っていて、かじるたび、さわやかだったりナッティーな味、
ビターの奥深い味などいろんなマリアージュが楽しめる一枚でした。


続いて、ダイスカットのピスタチオがタップリ入ったホワイト・パレ。
ピスタチオの香りとまろやか&甘いミルクが絶妙に絡んで、
まったりミルクがたまには美味しい一枚でした。

        

一番好みだったのはパレショコラのカカオノワール。
一見シンプルなビターチョコですが、中にはカカオニブがたっぷり
入っていて、ほろっと苦くスイートな、カカオの芳香な香りにうっとり
と。カカオを食べているようなガリとした食感も良い感じでした*
    
おまけにと一粒だけ、ボンボンショコラを入れておいたのですが、
これがびっくりするほど酸味があって、柑橘の香りが爽やかな、かなり
パンチのきいた一品でした。。シャンパンとオレンジのカクテルをイメ−ジ
した品だそう。*


いくつあっても足りない!そんなチョコ達でした。マンディアンは
意外と日持ちするようなので、お友達にプレゼントするときなんか
には良いかもです。。★


過去に投稿した BEL AMER 関連記事*

BEL AMER - Chocolat Macaron - 2008.05

ALMOND ROCA


  

超王道、アメリカンなお菓子のブラウン&ヘーリー社の、アーモンド・ロカ
という品です。箱のピンク&ゴールドがとってもプリティです。存在感&高級感
があり、いかにも古き良きアメリカ?を連想させます。。品は、
バタークランチにチョコ&アーモンドをまぶしたもので、見た目よりもカリッと
サクリと軽い食感。ところで、バタークランチとはキャンディとキャラメルの
中間のようなものですね。 

食べた瞬間にバターの香りと甘いローストアーモンドの風味が広がり、
こ・・これがアメリカなのか。。という感じがします。 ほどよい塩の味と、
たまらないバターの香り&ヤミツキになるような強烈な甘さで、ついまた手が
のびてしまうような危険な美味しさです。甘いものが食べたくなってしまう
この季節ですが、、ぜひ。おすすめです。

      
それはさておき、先日は大阪難波にある千成屋に足を運んだのですが、
大幅にリニューアルオープンされていて、びっくりしました。今年の夏頃には
改装されたらしいのですが、難波情報が乏しく、知りませんでした。。!
店舗スペースは2倍の広さになっていてロゴも現代的に。古めかしい文字で、
「千成屋」と書かれた看板イメージとは打ってかわって、sennariya RICOCHE
(リコッチェ)
にリニューアル。品数も増えて、なんと地下には、ウイスキーバー
まで併設。そのうえ更に2階にはカフェも有りました。輸入食品ファンには
嬉しいばかりですね。マニアックな輸入品が大阪で唯一多くの品揃えがある
千成屋ですが、今後も素敵なチョコに期待ですw  

GODIVA - HAPPY Halloween -

        
久々にGODIVAへ行ったのですが、ここのところすっかり
ウキウキワクワクハロウィンモード全開。な気分なわけで、、、
いろいろと収穫がありました。w

まず、一つ目は一口サイズのミニプレッツェルにミルクチョコが
たっぷりとかかった、ハロウィン限定のチョコプレッツェル。
ソルトがきいていて、程よく甘いミルクチョコとの組合せが
一度食べると止まらなくなるほどに、良い塩梅で、絶妙でした。 
オレンジのトッピングもハロウィンらしくてカワイイです!

すごくシンプルな組合せなのに、甘いものと塩味ってどうしてこんなに
合うのでしょう。 あまりに美味しくて、虜になってしまったので、
ハロウィンが終わってしまう前にこれは絶対、もう一度ゲットして
おきたいものです!
          
       

  

↑よくみると、ジャックでできたジャック!なんです



FERRERO

  FERRERO

いよいよ、秋本番。。ですね。本当に良い季節です。
私は一日中チョコレートが食べたくなる毎日です。

パリでは早くもチョコの最大の祭典、サロン・ド・ショコラ2009
開催されたようです。日本では2010年の1月の終わり頃に開催予定。?
いつかは本場の祭典に行ってみたいなぁ、、と思うばかりですが、
フランスなんかに行ってしまった日には、パニックになること間違いなしです。

さて、今日の収穫は、FERRERO(フェレロ)のダークチョコバージョンの
ロシェです。イタリアのメーカーですが、FERREROのロシェは今や日本でも
定番のもの。巷のスーパーやコンビニなんかでもよく見かけるようになりました。
でも、ダークチョコのタイプはちょっと目新しい気がします。w 


        FERRERO
                 定番のフェレロのロシェ

粒状のビターチョコに包まれたチョコの中にさっくり、やわらかい
チョコクリームが入っていて、甘さは控えめ、ふわっと軽いチョコでした。

定番タイプのほうがヘーゼルナッツの香りが良くて、私は好きかもしれません。
しかしながら、毎回思うのは、イタリアのビターチョコの風味って
すごく特徴的です。特にビターチョコはココアパウダーような、こっくりとした
何とも独特の香りと風味です。。
 
        FERRERO

theo murata - Asatsuyu -

theomurata
先日にひきつづき theo murataです。こちらは、お茶の葉(煎茶)入りの
極薄のビターチョコ。小さなナツメに5枚入り。どこまでも’’和’’なんですね。
他にも玉露入70%ビターや甜茶入のものもありましたが、今回私が買ってみた
のは「由布院の朝露」というもの。なんとも爽やかなネーミングです。

              theomurata

エクアドル産のアリバ種のカカオを使用しているそうで、口の中で溶かすごとに
カカオの良い香りと、茶葉の香りが一緒になり、ほろ苦うま。というか、、
煎りたての茶葉のような香ばしい香りが後味にふわりとするのがフレッシュな
感じがしました。 なかなかの美味。                     

COCOA DELI - small box -

 
心地良い天気が続くこの頃です。さて,今日は随分前(3年も経ってた!)に
紹介したことのあるココアデリです。お店でNEWタイプのミニチュアサイズを
発見したので、思わず買ってしまいました。魅力的なパッケージが相変わらず
惹かれます。。 味も以前より新しく、ペパーミントとラズベリー風味。
ラズベリー味は酸味がほどよく聞いていて、なかなか美味しかった印象です。
中身がボロボロっとしたジャイアントカプリコのような食感。とにかく
プチなので、チョッとだけ甘いものが食べたくなるときにオススメ逸品です!
     

過去に投稿した関連記事*
COCOA DELI - Rolly truffle
-2006

Lipton LIMONE & Pierre marcorini



ピエール・マルコリーニのミニチュアが、もれなくおまけでついてくる
リプトン・リモーネ。最近はパティシエとのコラボが流行っているようですね!
というわけで、早速買っちゃいました。普段コーラ以外は全く甘い飲み物を
飲まない私なのですが、おまけを狙って日に日に買い込んでいます。
たまっていくリモーネなのですが。。
まるでビックリマン・チョコ状態。(世代がバレちゃいますね。)
全部で8種類のようですが、とにかくタブレットなんてそっくりで
よく出来ているので、見てるだけでもソルベが食べたくなってしまうので危険。

全種類集めてアクセサリーにしたらカワイイかも!?なんてことも
考えましたが、結構そんな事考えてる女子多いんじゃないかなと。。思います。
とにかく、チョコ・ファンのみならず必須のアイテムですね。
因みにHPもちらっとのぞいてみたらとても可愛かったです。 



過去に投稿した関連記事*

Pierre marcolini - Tablette Porcelana 72% 2007
Pierre marcolini - PALET FINS - 2007
PIERRE MARCOLINI - Tablette - 2006
Pierre marcolini GINZA*Repo 2006
PIERRE MARCOLINI - Tablette Java - 2005

Merry Christmas!!


 

『サニーシード・ドロップス』とはその名のとおり、ひまわりの種の
お菓子なのですが、種をチョコでコーティングしたもの。
昨日の買い物途中に見つけたのでクリスマス気分を楽しむアイテム
として購入してみました。このひまわりの種のチョコはもともと好物
だったのですが、とても小さな種で意外にも味わい深く、 独特の風味
なのでどんどん食べてしまうし、一度食べるとヤミツキになるほどです。

種系ってスキ嫌いが分かれるかもしれないけれどカボチャの種だとか、
結構美味しいんですよね。気をつけないと栄養価も高そう。
今日はそんなわけで気付けば舌が真っ青に;。

ツリー繋がりですが、それにしても最近のクリスマスツリーって、
だんだん進化してきているように思います。
基本的に大振りのオーナメントが流行なのか、それも◯だけではなく、
長細かったりマロンのようなカタチをしていたりさまざま。
バリエーション豊かでとても楽しいです。特にハービスENTでは各フロア
ごとに置かれてるツリーが、色・カタチ・装飾がそれぞれ違っていて、
とてもゴージャスでカワイかったです、なかなかの見物でしたツリーぴかぴか。 

CACAO VANHOUTEN


          

ここのところ新しいチョコをあまり発掘出来ていないのですが、、 
チョコレートの季節まであともう少し。 今日は気分転換にヴァンホーテンの
ココアを買ってみました。いつものゴールドの缶ではなく、クラシカルな
パッケージが珍しいです。 

美味しい飲み方を知りたくて調べていたらいろんな写真を発見したので
ついでに今日は世界のココア写真を集めてみました。
チョコレートシロップを入れたりマシュマロをたくさんのせたり、
ミントクリームを入れたりといろいろありましたが、外国では基本、
スタバのように生クリームを山盛りのせるスタイルが多いようでした。
みなさんはどんな飲み方がお好みでしょうか。* 

世界のココアぴかぴか
続きを読む >>

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM